情報時代のニュースの扱いは要注意

  • 情報時代のニュースの扱いは要注意

    • 情報時代となり、ビジネスでは情報なくして勝負ができなくなっています。

      だから、業界のニュースはもちろんのこと、異業種のことも、経済全体のことも、政治の動きも、世界の動向なども、きちんとと捉えておかないと大変なことになってしまいます。

      テレビやインターネットのニュースが大きなウエイトを占めるというわけです。

      ところが最近は、この情報などをキャッチするということで考えさせられることが、多くなっています。
      氾濫するといっても過言でないくらいの量の情報やニュースが飛び交うことによって、承知しておくということに関心が集まりすぎていることです。

      いや、承知しておかないと危険というとことからの関心という方が適切でしょう。


      その結果、情報やニュースをキャッチすると、そこで一安心ということになりがちです。でも、それではビジネス展開に結びつかないのですが、気がつかない人が多いのです。
      一例でいえば、関係ありそうな新聞記事を見つけたとき、どうするかというと、コピーし、課員に至急というゴム印を付して回覧させるマネジャーがいますが、そこでおしまいになっているのです。


      その昔、陽明学の王陽明が「知行合一」ということを唱えました。

      学問をしたからと言って、そのままでは何にもならない、実践行動に移して初めて学問が活きるというような主旨です。

      知識や学問と同じく、情報もニュースも頭に入れただけでは意味が少ないのです。
      行動に結びつけてこそ初めて役に立つのです。回覧の例で言えば、重要部分をマークして回しておしまいにするのでなく、その部分で明日ディスかションをするから意見をまとめておけとか、これに基づく具体的な提案をせよとかで、行動に結び付ける工夫をしなくてはならないのです。

      西川口の夜間保育園ついてはこちらのサイトでご確認ください。

      東京のデザイン専門学校に関する情報を公開しているサイトです。

      赤ちゃんが泣きやむの役立つクチコミ情報をまとめた情報サイトです。





      https://m3q.jp/t/2164

      http://news.goo.ne.jp/article/yonhap/world/yonhap-20161011wow009.html

      http://okwave.jp/qa/q3987077.html

  • 関連リンク